フィンテックとロボアドバイザー:日本市場における動向とブームの行方【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/08/28
柳川英一郎

Abstract

このレポートには英文版 "Fintech and Robo Advisors: Booming in Japan" (2016年8月29日発行)もあります。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1

フィンテック議論の焦点は今、何処にあるか?

2

日本におけるロボアドバイザーのブルーオーシャンは何処にあるか?
3

日本市場におけるロボアドバイザーの行く先は?

本 レポートは、フィンテックのメガトレンドを追った上で、ウェルスマネジメント業界のグローバルな動向とロボアドバイザー隆盛を背景から考察し、日本市場の 特徴と先駆的 なアドバイザリーテクノロジーの活用事例を紹介します。そして、日本におけるロボアドバイザーの先駆けを巡る攻防を通じて、そのテクノロジーとビジネスの 未開拓地 は何処にあるのか、ブームの行方を展望します。

ウェルスマネジメント業界のグローバルトレンドとして、以下の4つが挙げられます。

  • 個人向けサービスのフラグメンテーション
  • 次世代投資家の出現
  • パッシブ投資へのシフト
  • デジタル化


これらを背景に、自動化された投資アドバイザリー(ロボアドバイザー)は必然的に登場したといえるでしょう。
一 方、日本市場は、個人金融資産構成の多様性、個人投資家の投資環境、投資リテラシーの点などでグローバルとは大きく異なります。しかし、グローバルとは異 なった環境下でも、やはりロボアドバイザーのブルーオーシャンは見出せるのです。日本での取り組み事例を紹介し、テクノロジーとビジネスの未開拓地はどこ にあるのか、そこへ到達するための課題を明らかにします。

そもそも金融の本質は何か、そして今日のフィンテックの動きはどこへ向かうのか、新世代の産業構造「モジュラー構造」を切り口に、展望します。



「ロ ボアドバイザーは、日本市場においては、需要サイドの投資リテラシーを補い、資産運用商品・サービスに関する情報(価格、品質、リスク)の正確性と透明度 を高め、供給サイドのインセンティブ問題(バリューチェーンの寡占化)を解決するテクノロジーとして、その進化が期待されます」とアジア金融サービスグ ループのシニア・アナリストで執筆者の柳川英一郎は述べています。

本レポートは28p、16図で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, 生命保険, 損害保険, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, 保険, 生命保険, 損害保険, 証券, ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア