ベンダー
English

制裁措置スクリーニングの変革:先進テクノロジーによるパフォーマンスの向上

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/02/27
ニール・カタコフ

金融機関は、手作業でアラートを調査・判断するという業務上の負担を強いられており、その傾向が特に顕著なのは制裁分野であろう。

Abstract

制裁措置スクリーニングは、金融機関においてマネーロンダリング対策(AML)業務やテロ資金供与対策(CTF)業務を多くの方法で支えており、口座開設から決済の承認、定期的な顧客レビューに至るまで、顧客のライフサイクル全体において不可欠なステップとなっている。

次々と規制措置が適用されるため、金融機関は制裁問題に徹底して注意を払っている。AMLに関連して金融機関が当局より課された最大の制裁金の一部は、不適切な制裁プログラムが理由であった。更に、フィンセン(FinCEN)文書やパナマ文書のような情報のリークを受け、銀行と規制当局の両方が制裁業務の強化をますます重視するようになっている。

制裁措置スクリーニングは、依然として構造化されたデータの分析に基づき名前をマッチングするといったやり方がほとんどであり、分析担当者による時間のかかる手作業の調査に依存している。しかし、KYC(本人確認)、CDD(顧客デューデリジェンス)およびケース管理の手法を再構築している最新テクノロジーを利用することにより、制裁業務を強化することができる。

本レポートはNICE Actimizeから依頼されたものだが、分析と結論はセレント独自のものである。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米