2016年 アジア・モデルインシュアラーアワード受賞 14の保険会社を発表

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/04/20
Singapore


2016年 アジア・モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤーはMetLife Asia が受賞

シンガポール―セレントは毎年恒例のアジア・モデルインシュアラーサミットの席上にて、2016年度の受賞者を発表しました。同賞は保険会社によるテクノロジーの有効活用のベストプラクティスを実行するプロジェクトを表彰するもので、多数の応募の中から今年は5つカテゴリーで14のプロジェクトが選ばれました。

14の受賞プロジェクトのうち、本年度のアジア・モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのはMetLife Asia で、2014年7月からデータ分析のセンター・オブ・エクセレンスを開設し、ビッグデータ解析から顧客の動向を詳細に分析し、よりカスタマイズした顧客エクスペリエンスの提供によって、収益向上を達成したことが評価されました。

以下は各カテゴリーの受賞者です。


アジア・モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤー

  • MetLife Asia (データマスタリー&アナリティクス分野も同時受賞)


データマスタリー&アナリティクス

  • Aegon Life Insurance
  • Taikang Insurance


デジタル&オムニチャネル

  • AXA Direct Life Insurance
  • Cathay Century Insurance
  • L&T General Insurance
  • PNB MetLife India Insurance Co. LTD


IT管理のベストプラクティス

  • IndiaFirst Life Insurance
  • Max Bupa Health Insurance
  • Max Life Insurance


レガシー&エコシステム・トランスフォーメーション

  • DirectAsia Insurance
  • ICICI Lombard General Insurance


非基幹システム運用のベストプラクティス

  • AIA Group
  • Reliance Life Insurance


「今年度の応募プロジェクトはどれもクオリティが高く、これは、保険業界がデジタル化、データアナリティクス、トランスフォーメーションの取り組みにおいて、峠を越し、佳境に入りつつあることを明確に示しています。受賞プロジェクトは、これらの分野において、どのようにすれば成功を手にすることができるかを学ぶ実例といえます」とセレントのアジア金融サービスプラクティスのシニア・バイス・プレジデントであるニール・カタコフ、PhDは述べています。

記事 details

種類
プレスリリース
Geographic Focus
アジア