ベンダー
English

日本におけるリテールペイメント市場:多様性、独自性、そして可能性

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/01/07

Abstract


日本のリテールペイメント市場は非常に多様で独自の特性が多く、外部からは分かりにくいのが現状です。しかし、それが、日本国内外のプレーヤーにビジネスチャンスをもたらしています。

セレントの最新レポート「日本におけるリテールペイメント市場:多様性、独自性そして可能性」は、日本のペイメント市場の概要を次の3つの分野に分けて明らかにしています。

1. キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード
2. 電子マネー、非接触およびプリペイド型決済手段
3. 電子商取引市場と主な決済手段

日本の豊かで独自の文化は、外国人にとって時に理解するのが難しいことがあります。日本の決済市場は先進的であると言われているものの、いまだ現金志向の高い社会であるともいえます。クレジットカードは普及していますが、その発行枚数はここ数年横ばいで推移し、デビットカードはほとんど使われていません。クレジットカードを発行しているのは銀行だけでなく幅広い企業であり、その多くは発行者と決済処理業者を兼ねています。日本の電子商取引市場は規模が大きく、急成長を続けており、コンビニ決済など独自の決済手段も多数発達しています。

「日本の決済市場は、内外のプレーヤーにとって、様々なリスクおよび投資特性を持つビジネスチャンスで溢れています。例えば、発行者は、カード保有者がカードの管理と支払いを行える最先端の機能を備えたモバイルアプリケーションを検討すべきでしょう。ただし、モバイル決済に関しては、参入メリットが一部のプレーヤーに限られる場合があります 」と、セレント銀行グループのシニアアナリストでレポートを執筆したジルビナ・バレイシスは述べています。

レポートでは市場の概要を明らかにし、最新のトレンドや動きを紹介するほか、カード発行業者と提携するテクノロジープロバイダーにとってビジネスチャンスはどこにあるか論じています。