ベンダー
English

取引が急増・複雑化する中での金融犯罪との戦い: 新しいマネーロンダリング防止テクノロジーおよびアプローチ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/10/05

大量の誤検出への対応における手作業への過度の依存は、金融犯罪コンプライアンス業務を管理する上で、持続不可能であることが判明している。AI、マシンラーニング、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)のような新しいテクノロジーは、コンプライアンス業務の効率および効果の向上に役立つ。

Key research questions

  • 金融犯罪コンプライアンス業務が重要になっている理由は?
  • 規制およびテクノロジーの進化は、金融犯罪コンプライアンス業務にどのような影響を及ぼしているか?
  • 金融犯罪コンプライアンス業務の効率と効果の向上に役立つ新しいツールとは?

Abstract

規制当局による厳しい監視は、金融犯罪コンプライアンス業務の欠陥を露呈しており、デジタル・ソリューション/チャネルの急増は、取引の量および速度の急増を引き起こしている。従来のツールは、増大する取引量および複雑性に対処するには適していない。

縦割りの業務、次善のデータ管理プラクティス、およびルールベースのテクノロジーは、リスクの最適なモニタリングを実現することができず、コンプライアンス・プログラムを非効率的で効果のないものにしている。手作業への過度の依存は、急速にコストを上昇させており、現行の業務を持続不可能にしている。