ウェルスマネジメント業界におけるビッグデータ:顧客洞察力の強化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/05/22
ビル・ファーンレイ・ジュニア

Abstract


ウェルスマネジメントを手がける金融機関の多くは、ビッグデータを利用することで既存顧客や潜在顧客に対する洞察力の強化、投資機会の発見、リスク/コンプライアンスの支援、競争力の差別化を図っています。

ウェルスマネジャーはビッグデータのツールおよびテクノロジーを使って、自らが毎日処理、消費、作成する大量のデータを分析できます。セレントの最新レポート「ウェルスマネジメント業界におけるビッグデータ:顧客洞察力の強化」は、金融機関が社内および社外から得たデータの統合・分析を通じて新たなアイデアを得ることを可能にするテクノロジーおよび戦略を紹介しています。

実用的な新しいアイデアや戦略を発見、開発、テストすることは、投資リターンの向上やリスク管理の強化を可能にする投資機会の発見につながり、新たな投資を呼び込む効果も期待されます。

「データの分析と統合を組み合わせることにより、ウェルスマネジャーは顧客やアドバイザーの維持率向上、投資機会の発見、オペレーショナルリスクおよび評判リスクの監視を実現できるようになるでしょう。ウェルスマネジャーとITプロバイダーは特定のプロジェクトを選択した上で、新しい分析・視覚化ツールの調査を開始すべきでしょう」と、セレント証券グループのシニアアナリストでレポートを執筆した ビル・ファーンレイ・Jrは述べています。

銀行およびウェルスマネジャーが、フロントオフィスやミドル/バックオフィスにおけるビッグデータ活用の機会を評価し、優先順位を決定する上で参考としていただけるよう、ウェルスマネジメントにおけるビッグデータの活用、3つの重要ステップと利用可能データの種類、フロントおよびミドル/バックオフィスにおけるビッグデータの利用と分析などについて掲載しています。

レポートは全20ページで、1図と8表が含まれています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米