中南米におけるマイクロインシュランス:進行中の破壊的イノベーション

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/11/11
ホアン・マツィーニ

Abstract

マイクロインシュランスは、現在保険業界で主流となっている商業・社会保険スキームが通常相手にしない顧客層に狙いを定めるものです。中南米の潜在的マイクロインシュランス市場は3億6000万人と推定されており、メキシコとブラジルが全体の約55%を占めています。

セレントは、「中南米におけるマイクロインシュランス:進行中の破壊的イノベーション」で中南米におけるマイクロインシュアランス市場の概要と、その将来性について取り上げます。

マイクロインシュアランス市場の成長は、管理が容易で通常マイクロファイナンスと関連するシンプルな商品によるものが大部分です。今後の課題は、インデックス保険などさらに多くの商品をそろえることです。


「マイクロインシュアランス市場は、保険会社にとってイノベーションの宝庫です。それは、まさに破壊的イノベーションに必要な条件を満しています。つまり、現在十分なサービスが提供されていない、未開拓で、細分化した市場で、従来の保険モデルではコストが高くなってしまう市場と言えます。収益を確保できる水準の市場シェアを獲得するには、商品、価格設定、商品パッケージ、販売、プロセス、テクノロジーにおけるイノベーションが必要となります」」とセレント保険グループのシニア・アナリストで本レポートの共同執筆者、ホアン・マツィーニは述べています。

本レポートは、中南米保険会社のマイクロインシュアランス市場における課題と機会を取り上げます。また、事業戦略およびテクノロジー戦略について、同地域と世界におけるケーススタディを取り上げて詳細を明らかにします。本レポートで言及するトレンドは、業界関係者との継続的な議論に基づくセレントの同市場での経験および二次調査を反映したものです。

本レポートは中南米のマイクロインシュランスに関する初めてのレポートですが、同テーマのレポートとしては、「インドにおける損害保険のマイクロインシュアランス:複雑さにどう対応するか」、「インド生命保険市場におけるマイクロインシュアランス:将来性と課題」、「最貧困層向けマイクロインシュアランス:インド農村部のケーススタディ」があります。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
南米