英国の損害保険販売チャネルをめぐる 主要トレンドと市場の概要

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/10/17
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


保険商品の販売チャネルは進化と多様化を続けており、低コストチャネルが選好される傾向にあります。

直販チャネルが登場してから、保険商品の販売を取り巻く環境は大幅に変化しました。その流れは今も続いており、英国の保険市場ではアグリゲーターやアフィニティー・パートナーといった新しい販売チャネルへのシフトが進んでいます。セレントの最新レポート英国の損害保険保険販売チャネルをめぐる主要トレンドと市場の概要はこの分野の変化を浮き彫りにし、IT戦略について考察しています。

現在、英国の大手保険会社は多様な販売チャネルを利用しています。個人保険の分野では直販チャネルと独立代理店が主流で、それぞれ全体の30%、32%を 占めています。一方、商業用保険分野の主要チャネルは独立代理店であり、2006年には保険商品の83%がこのチャネルを通じて販売されています。欧州で はいまだに保険の対面販売が主流ですが、英国は直販チャネルの普及率が最も高くなっています。

「英国の保険市場は成熟段階にあり、アグリゲーターや アフィニティーといった低コストのチャネルや新たなチャネルの普及が広がりつつあります。こうした動きは、無駄のないビジネスモデルの導入により競争力の 向上を図りたいセルサイドの保険会社と、柔軟性の高い保険商品の購入方法を求めるバイサイドの顧客の双方が推し進めるかたちとなっています」とセレント保 険プラクティスのシニアアナリストでレポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

保険会社のCIOは、販売チャネルへのIT投資に関しては業務効率性の向上を重視するスタンスを維持しています。具体的には、顧客ポータルの機能またはナ ビゲーション方法の改善、代理人・ブローカー用のオンライン手数料システムの構築など多岐にわたるプロジェクトが挙げられます。

販売チャネルの変化が保険会社に及ぼす影響は一様ではありません。各保険会社は独自の販売戦略を展開していく中で、個別の課題に直面するでしょう。全ての 保険会社に適合する共通のアプローチは存在しません。本レポートでは、損害保険の販売チャネルや市場全体の最新トレンドを明らかにするとともに、そうした トレンドに対応可能な主要テクノロジーを紹介しています。

本レポートは8図と5表を含む36ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米