ベンダー
English

中・大規模銀行向け勘定系ソリューション:北米市場の展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/11/25
バート・ナーター

Abstract


勘定系システムは、銀行の業務処理の中核を担っています。銀行はソフトウェアベンダーの協力を得ながら、トランザクション処理にインターネット技術を活用する可能性を探ってきました。

かつて紙ベースで行われていた処理は今では概ね電子化が進み、自動化による効率性や生産性の向上がさかんに叫ばれるようになりました。勘定系システムは常時稼働し続け、銀行業務やインターネット・バンキング、ATM、電話およびデビットカードによる取引をサポートしています。セレントは最新レポート「中・大規模手銀行向け勘定系ソリューション:北米市場の展望」で、北米の中堅・大手銀行向けに設計された幅広いソリューションを比較し、独自のABCD分析に基づいてこれらのベンダーを位置づけました。

出典:ベンダー

「銀行は、自行のニーズのほとんどに対応可能な機能を持つ近代的かつ包括的な単一システムを求めています。銀行は増え続ける規制改正に対応し、業務に共通のプラットフォームを導入する必要性があることから、テクノロジープロバイダーを単なるベンダーとしてではなくパートナーとして捉えています」と、セレントのアナリストでレポートの共同執筆者であるラジェッシュMRは述べています。

「現在、世界のベンダーは米国ベンダーに対する攻勢を一段と強めています。これらのシステムの多くはバッチ/メモによる記帳システムであり、24時間稼働している今日のリテールバンキングには対応しきれなくなっています」とセレント銀行グループのシニアバイスプレジデントで共同執筆者のバート・ナーターは付け加えています。

本レポートは勘定系をテーマにしたシリーズです。シリーズの既刊レポートには「小規模銀行向け勘定系ソリューション:グローバルな展望」、「中規模銀行向け勘定系ソリューション:グローバルな展望」があります。

このレポートは10図と26表を含む44ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
北米