ベンダー
English

デリバティブとMVA管理において加速する変化: 次世代のスタック、オープンソース 、プラットフォーム化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/11/29
キュビラス・ディン

独自の能力を形成し、デリバティブとVXA管理の新たな機会を創出する、技術的ダイナミクス/ ソリューションについてのセレントの調査

Abstract

取引のボラティリティが高く、金融情勢が不透明になる中、資本市場の金融機関にとって評価調整 (XVA)とカウンターパーティ信用リスク(CCR)管理の戦略的重要性が引き続き高まっている。前回の信用危機から10年以上が経過した現在、新型コロナウイルスの世界的流行に起因する危機的状況と継続的な規制改革を受けて、金融機関は新たな課題に直面しており、この状況は今後10年間にわたって続く見通しである。XVAとは、デリバティブ取引の価格に反映される評価調整の総称であり、ヘッジ、ファンディング、証拠金および資本に係るコストを取引価格に織り込み、さらにバーゼルIIIのレバレッジ比率や流動性比率など今後導入される規制ルールも考慮に入れ、価格設定を行うものである。

ディーラー銀行は長年にわたり、取引のミスプライスを最小限に抑えつつ、見込み客との取引を獲得する上で競争力を維持するために、カウンターパーティとの取引の価格設定に、これらの追加的コスト (カウンターパーティリスク評価調整(CVA)、自身のデフォルトリスク評価調整(DVA)、ファンディング評価調整(FVA)、資本評価調整 (KVA)、証拠金評価調整 (MVA)などのXVAの構成要素が含まれる)を反映させる必要に迫られ、現実的に綱渡り的な状況が続いている。

XVA管理実務の範囲と深度はかなり向上している。テクノロジーの進歩により新たな可能性がもたらされ、フロント/ ミドル/ バックオフィスを通じて、より迅速、正確かつ一貫性のある方法で、XVAテクノロジーを導入・管理することに成功する金融機関が増えている。XVAエクスポージャーの測定と市場データに対する感応度に関連する大規模で複雑なシミュレーションの強度を高めるためには、計算と本番運用のパフォーマンスを高度に最適化する必要がある。現在のパフォーマンスの最先端領域では、ソフトウェアアクセラレーション、数値アルゴリズム、数理最適化、およびハードウェアインフラストラクチャーを組み合わせた強化アプローチを通じて取り組みが行われている。これらにより、金融市場の参加者は、効率的なXVA「ファクトリー」インフラストラクチャーの大規模な導入、資本の管理、およびポートフォリオに対する証拠金の影響の最適化が可能になる。

テクノロジーとソリューションのランドスケープ

ソリューションのランドスケープは様々だが、XVA管理バリューチェーンのより多くの部分をカバーする、より充実したエンドツーエンドのソリューションへと次第に収束しつつある。市販ソリューションは、製品の適用範囲、機能の範囲、深度、利用可能なXVA指標の範囲が様々であり、明確に異なるが相互に関連する多数の特性に従って区別されている。その特性とは、金融資産および金融商品の適用範囲、XVAの測定と配信メカニズムのタイプ、パフォーマンス性能、顧客セグメントおよびユースケースの焦点、XVAの活動チェーンに関連する隣接ドメインの機能の幅広さなどである。

セレントは、次世代ソリューションに関連するいくつかの技術的なダイナミクスが独自の能力を形成し、新たな機会を創出すると考えている。XVAソリューションに対するエンドユーザーの需要とベンダーエコシステムは、次世代のテクノロジースタック、クラウドネイティブなコンピューティング能力へのアクセスの拡大、オープンソースコンポーネント、さらには「プラットフォーム化」の効果により、今後も数年間にわたって進化し続けることが予想される。将来を見据えている金融機関には、より優れた意思決定支援機能を構築し、新たなレベルのコスト効率を推進し、営業成績を向上させる真の機会がある。

本レポートにおいて、セレントはXVA管理実務、ベンダーの製品/ サービス、新たなテーマ、および将来の展望に関する、次世代テクノロジーの影響を探るための市場インサイトを提供する。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米