ベンダー
English

引受けシステム細分化の経緯と今後の見通し:簡素化するには

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/09/20
クレイグ・ビーティニコラス・ミシェロッド

Abstract


保険会社はここ10年間に、多様な業務をサポートする様々なコアシステムを導入してきました。その結果システム体系が複雑化し、保守管理のために高いスキルを持つ人材を余分に確保しなければならず、過度にコストが膨らんでいます。

セレントの最新レポート「引受けシステム細分化の経緯と今後の見通し:簡素化するには」は、引受けおよび契約管理プラットフォームの細分化、共有コンポーネントの利用とサービスアプローチ、国を超えたアプリケーション導入などに関する調査結果をまとめています。

「保険会社の引受けおよび契約管理システムは買収・合併や新規参入などを経て現在のように細分化されてしまいまいた。場当たり的ではありましたが、リスクの低い経緯をたどったといえます」と、セレント保険グループのアナリストでレポートの共同執筆者であるクレイグ・ビーティーは述べています。

「販売動向の変化を受け、既存市場に再参入する際には新たなシステムを導入する一方で、既存取引の処理用にはレガシーシステムの運用も続けています」と、シニアアナリストで共同執筆者のニコラス・ミシェロッドは述べています。

レポートでは市場動向に関するセレントの見解を示すほか、保険会社に業務プロセスの自動化やストレート・スルー・プロセッシングの導入を提言しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ