世界に広がる金融包摂:多様なビジネスモデルの分析

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/07/05
プラティマ・ラジャンとスリークリシュナ・サンカー

Analysis of Various Business Models

Abstract


世界的に、「金融包摂(
Financial inclusion)」は社会的な目標から実現可能なビジネスチャンスへと移行しています。(注:金融包摂とは、基本的金融サービスへのアクセスへの問題を解消し、これらのサービスを受けられるようにすることを言う。)企業が打ち出しているビジネスモデルは、①銀行が主導する戦略②銀行以外が主導する戦略③ハイブリッド型―の3つに分かれています。世界各地で、マクロ経済の様々な要因に基づいてその地域に最適なモデルが採用されています。

セレントの最新レポート「世界に広がる金融包摂:多様なビジネスモデルの分析」は、金融包摂戦略の3つの主要モデルについて分析しています。 各モデルの長所と短所を挙げ、世界各地での採用を後押しする要因を探っています。レポートではブラジル、メキシコ、ケニア、インド、南アフリカのケースを取り上げ、採用されている戦略や成功要因の微妙な違いと大まかな共通点を明らかにしています。また、金融包摂の進展を持続させるための2つの柱として「規制」と「テクノロジー」を挙げています。

金融包摂の戦略を左右するのは主として各地域の事情であり、「全ての地域に適合する唯一のソリューション」は存在しません。そのため、成功モデルをやみくもに真似るのではなく、地域の環境に応じた規制の策定やテクノロジーの導入を進めるべきでしょう。テクノロジーは、国ごとの戦略に合わせて携帯電話、モバイル機器、カード形式、(最後ながら最も重要)ビジネス通信者やエージェントといった様々な様式に対応可能です。ビジネスモデルの違いによって採用するテクノロジーの仕様を多様化し、その精巧度と利用状況に応じて最適化することが重要です。

「金融包摂を成功させるためには、適切な規制環境の構築がカギとなります。体系的なアプローチをとるための青写真は不可欠です。多くの国は戦略を文書化していますが、その内容が不完全で全ての要素が盛り込まれていないケースもみられます。消費者保護の法令やサービスプロバイダーの増加に伴うリスクの軽減策について概要をまとめる必要があるでしょう」と、セレントのアナリストでレポートの共同執筆者であるスリークリシュナ・サンカーは述べています。

また、同じくアナリストで共同執筆者のプラシマ・ラジャンは、金融包摂を成功させるためにはテクノロジーの選定が重要な決め手になると述べています。「最適なテクノロジーの評価は、金融包摂戦略の成功要因として最も重要です。これには、選択肢となっている様々なテクノロジーのコストベネフィット分析、ソリューションの安全性の分析、消費者保護策の策定などが含まれます。」

また、レポートでは世界各地での金融包摂の成功例を紹介し、金融包摂の幅広い普及を可能にしたビジネスモデルや戦略について検証しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米