ベンダー
English

損害保険業界におけるロボティック・プロセス・オートメーションの展望

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2021/04/18

損害保険会社の視点から

Abstract

パンデミック前、損害保険業界で「デジタル・アクセラレーション」という言葉が使われることはなかったが、今や頻繁に耳にするようになっている。ハイパー・パーソナライゼーション、保険以外の商品と保険商品のバンドリング、AI活用の拡大など、様々なディスラプティブな波が押し寄せており、損害保険業界がトランスフォーメーションの入り口にあることは明らかだ。新たなバーチャル世界と新興テクノロジーがもたらす変革的な影響が見え始めたことで、デジタル・アジリティ、コストの最適化、業務のさらなる効率化を追求する動きが加速している。損害保険会社の多くは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を通じてこうしたニーズに対応しようとしている。

セレントは我々のリサーチパネルに参加する複数の損害保険会社を対象に、RPAの導入状況を調査した。回答者の多くはRPAを導入済みであるだけでなく、2021年に投資を拡大する計画を立てている。各社ともRPAの導入により幅広い恩恵を受けている。具体的には、コスト削減や業務効率化などRPAの主なメリットとして知られていることのほか、投資利益率(ROI)の改善、データの質の向上、保険金請求処理の迅速化、顧客エクスペリエンスの拡充などである。AIやマシンラーニングを使って非構造化データが抱える難題を解決すれば、画像、電子メールなどにもデータ処理の自動化を広げることが可能になる。