ベンダー
English

世界の保険会社とビッグデータ:地域による違いとユースケース

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/07/28
ニール・カタコフニコラス・ミシェロッド

Abstract


保険会社にとって、収集したデータから価値のある情報をいかに取り出すかは、引き続き課題です。タイプの異なる様々なデータから戦略的な価値を引き出すには、ビッグデータテクノロジーへの投資が欠かせません。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 世界の保険会社が直面しているデータに関する課題とは?

2

投資するテクノロジーには地域によって違いはあるか?
3

どのタイプのデータ分析が優先されているか?

社内データでさえも、まだ有効に十分利用されていない状態といえますですが、社内向けに設定されたプロセスで直接消費者のデータを取り込むことはもはや難しいと考えるべきでしょう。

本レポートは、世界の4つの地域(アジア太平洋、欧州/中東/アフリカ、中南米、北米)を対象に行った最新のビッグデータ調査の結果をまとめたものです。また、過去数年に実施した「セレント・モデルインシュアラー」への応募プログラムの中からベストプラクティスをいくつか紹介しています。

「ビッグデータテクノロジーの普及が最も進んでいるのは北米とみられますが、その他の3つの地域でも市場をリードする一部の保険会社が既にビッグデータを使って高い価値を実現しています」とセレント・アジアのシニア・バイス・プレジデントでレポートの共著者であるニール・カタコフは述べています。

「このレポートで紹介したユースケースをみると、保険会社がビッグデータへの投資を拡大し、あらゆる種類のデータを統合すると、より多くの情報に基づく意思決定が可能になるという我々の予測が正しかったことがわかります」と保険プラクティスのシニア・アナリストでレポートの共同執筆者であるニコラス・ミシェロッド は話しています。

本レポートは28ページ、12図と2表を掲載しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米