ベンダー
English

スマートテクノロジーと個人情報について米国消費者はどう感じているか

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/02/13

Abstract


米国の消費者は、安価で迅速なサービス、高度なパーソナライゼーションが可能な、洗練されたスマートテクノロジーを期待しています。消費者から個人情報を得ようとするならば、保険会社も、消費者が対価として何を期待しているか理解すべきでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 最適なデジタル消費者エクスペリエンスを提供するためには何にフォーカスすべきか?

2

自分のデータを共有しても良いと消費者に思わせるものは?
3

消費者は保険会社とスマートテクノロジーを利用してやりとりしたいと思っているか?

保険会社はスマートテクノロジーの最新トレンドの導入に努めていますが、それを成功に導くには、各ツールが持つインパクトを理解する必要があります。ロボアドバイザー、チャットボット、人工知能など、新たなテクノロジーは伝統的な保険モデルを変え、さまざまな方法で価値を生み出す可能性を持っています。

消費者は情報を探す際、時間をかけることを嫌い、保険会社とのインタラクションのインターフェースは瞬時に理解できるものであることを求めます。

消費者がデータを提供する最大の理由は、それによって保険料の割引が得られるためです。消費者はボットやロボアドバイザーに大いに関心を持っています。保険会社は、顧客とのインタラクションでより大きな価値を生み出すために、これらのテクノロジーへの投資を考えるべきでしょう。

「人々が人間的な手段(固定電話や直接の面会)から本質的にデジタルな手段へと移行する中、保険会社はデジタルソリューションを強化しなくてはなりません。」

「消費者が個人データの共有に前向きだとしても、データを無条件に提供しようとしているわけではなく、インセンティブと引き換えという条件付きなのです」とセレントの保険プラクティスのアナリストであるモハメッド・マハフーズは述べています。