中南米におけるオンライン保険市場:生保

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/01/12
ホアン・マツィーニルイス・チパナ

Abstract


保険会社は、代理店やブローカー、小売業者、銀行、従来にはなかった新しいチャネル等、多様なチャネルで保険を販売しています。

各保険販売チャネルは、それ単独で完結するのではなく、他のチャネル(フロントオフィス、コールセンター、支店、モバイルアプリ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、現地スタッフ等)も活用して顧客に対応しています。例えばオンラインチャットやアバター、コンシェルジュサービス等を用いて、販売プロセス中、保険のプロのアドバイスが必要になるような場合であっても、オンラインショッピング・エクスペリエンスがより簡単なものになるようにしています。

このレポートでは、中南米の保険会社169社のオンライン販売チャネルのアベイラビリティ、商品ラインナップ(国別)、商品ラインについて考察します。

保険の購入も、ワンクリックで終了するくらい簡単であるべきです。アマゾンや旅行手配サイト(KayakやTravelocity、Expedia、 Despegar.com、Hipmunk)等のオンライン・リテール業界では、ワンクリックで取引が完了するのはもはや常識となっています。航空会社は卓越した手軽なオンライン・エクスペリエンスを提供しており、それをモバイルに移行しつつあるところもあります。

多くの保険会社がデジタル戦略の一環としてウェブサイトを立ち上げていますが、その自動化レベルは各社様々です。半分以上のサイトは情報提供を行うのみに留まっており、ほとんど人の手を介さずに全ての手続きを完了できる、完全なデジタルエクスペリエンスを提供しているサイトはほんの一握りです。

「保険会社はデジタル戦略(特にオンラインでの販売及びサービス提供)への投資に関心を持っていますが、まだ実際には成功していません。テクノロジーを活用してポータルサイトでの保険購入エクスペリエンスを向上している保険会社はまだ少ないのが現状です」と、セレント保険プラクティスのアナリストでレポートの共同執筆者であるルイス・チパナは述べています。

「ここ数年間のインターネットやeコマースの普及に加え、オンラインショッピングにおける顧客の選好の変化、即時に全てが完了する簡単さによって、新たな時代が到来し、従来の保険販売のあり方は変化せざるを得なくなっています。特に、誰から購入するかを顧客が気にしない商品ラインやオンライン査定が可能な商品ラインのビジネスモデルは打撃を受け、そこにオンラインの保険直販モデルの成長があったのです」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポートを共同執筆したホアン・マツィーニは述べています。



Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
南米