ベンダー
English

SOAは期待に応えうるか? パート2:勘定系主導のSOA(米国)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/06/09
バート・ナーター

Abstract


サービス・オリエンテッド・アーキテクチャ (SOA)は聞き飽きた業界用語ですが、依然として銀行業務の問題を解決できる有効なソリューションでもあります。SOAがどのようなものであり、いかに 銀行業務をサポートしているか、また銀行はどうすればSOAを実装できるかを分析しました。

セレントの最新レポート「SOAは期待に応えうるか?パート2:勘定系主導のSOA(米国)」はSOAの様々な要素に ついて説明し、それらを銀行業務にいかに適用するかを論じています。SOAには多様な意味があります。業界の聞き飽きたキャッチフレーズであると同時に、 銀行が勘定系システムをまとめ、顕在化させるための有効なアーキテクチャでもあります。セレントは、SOAを「業務部門とIT部門の両方のニーズに対応す るための緩やかに連結したモジュラー」と定義づけています。SOAが何であり、その構成要素がどのように連携しているかを明らかにするため、SOAマップ を作成し、米国の勘定系ベンダーが提供するソリューションをこのマップ上にチャート化しました。また、独自の「ABCD分析」に基づいてこれらのベンダーをランク付けしています。

セレントのシニアアナリストでレポート執筆者のバート・ナーターは次のように述べています。「勘定系システムベンダーは、サービス・レイヤを使って自社のシステムをより多くのフロントエンド・ソリューションに開放すると同時に、様々なバックエンド・サービスと連携させることで新たな商品やプロセスを顧客に提供しています。」

本レポートは46図と67表を含む全80ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米