世界のバンカシュアランスの最新動向: 中国、インド、欧州および米国市場の教訓

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/03/12
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


(このレポートは2008年3月12日に"Bancassurance Global Update: Lessons from Around the World in China, India, Europe, and US"というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2008年8月14日に発行しました。)

バンカシュアランス(保険商品の銀行窓口での販売、保険窓販)の成功度と将来の成長性は、地域によって大幅に異なります。欧州ではバンカシュアランスが成 熟しているのに対し、米国は長年の投資にもかかわらずその普及率は中国やインドよりも低くなっています。これらの新興国では、バンカシュアランスの急拡大が予想されます。

バンカシュアランスの収益性を確保する上でITが重要な役割を担っていますが、そのためには銀行と保険会社の双方が有益な提携関係の構築と大規模な投資に全力で取り組むことが求められます。セレントの最新レポート「世界のバンカシュアランスの最新動向:中国、インド、欧州および米国市場の教訓」は中国、インド、米国および欧州におけるバンカシュアランスの成功例を検証し、ITに関するベストプラクティスを紹介しています。

本レポートは日本、中国、インドなどバンカシュアランスが普及しつつある国の保険会社にとって有益な情報を提供しています。特にIT上のベストプラクティ スを示し、保険会社が何を重視すべきかを具体的に提案しています。また、米国や英国など欧州に比べてバンカシュアランスの普及が遅れている国の保険会社に とっても参考となるでしょう。これらの保険会社にとって、バンカシュアランスチャネルにおいて「to be, or not to be(生きるべきか、死ぬべきか)」が問題となっています。レポートに掲載したケーススタディは、これらの国でも銀行窓口という販売チャネルが有効である 理由を明らかにしています。

「バンカシュアランスの成功と失敗をとの分かれ目となる要因は複合的です。保険会社が意図的に管理することは不可能であるマクロ経済の変数と保険会社の管 理下にあるビジネスモデルやテクノロジーなどの要因がからみあっています」とレポートの共同執筆者でセレント保険プラクティスのシニアアナリストであるキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

本レポートでは欧州、米国、中国およびインドのバンカシュアランス市場を分析し、成功例を提示し、この重要な販売チャネルの管理を可能にするIT活用方法のベストプラクティスを紹介しています。

本レポートは4表と13図を含む35ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米