ベンダー
English

自動車保険の終焉についての再考

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/08/12

Abstract

7年前の2012年5月、セレントは「交通事故が(ほぼ)なくなったら自動車保険は?」というシナリオについて考察し、以下のように締めくくった。

「このシナリオは妥当であり、自動車保険料の大幅な減少が起こる可能性は高い。自動車保険を扱う保険会社はこのシナリオと、ビジネスモデル・事業へのこのシナリオの影響を検討するために、かなりのリソースを充てるべきである」

3年前の2016年6月、セレントは前述のレポートについて再考した。4年の歳月を経た最新情報を発表し、自動車保険の損失への3つのテクノロジー(テレマティックス、ADAS〔高度ドライバーアシスタントシステム〕、自動運転車)の影響を再検討した。「自動車保険の終焉:ありうるシナリオか単なる予言か?」と題したこのレポートでは、更なる確信を持って結論および助言を表明していた。

•「今後15年間に自動車保険を扱う保険会社のビジネスは縮小すると予想され、自動運転車が保有車両の大多数を占めるにつれ、その後もビジネスは縮小し続けるだろう。一部の保険会社は現在この企業の存続に関わる課題に取り組んでいる。残りの保険会社も2~3年もすればこれに追随しなくてはならないだろう。」

2016年以降、様々な急速な変化が起きた。

•2016年、いくつかの自動車メーカーが2020年頃までには消費者が利用できる完全自動運転車を実現すると予測した。2019年、そのような主張をしているメーカーはごくわずかである。

•2016年以降、自動車メーカーの自動運転車開発の取り組みにおいては、買収、出資、提携の数が増えた。これは、大量の統合リソースなしで自動運転車の開発・市場展開が可能であると考える自動車メーカーは殆どいないということを示唆している。

自動運転車の自動車保険市場への予想される影響は減少した。以下二つのテクノロジーの潜在的影響は増大した。

•テレマティックス

•ADAS

本レポートでは、これら各要素を調査し、自動車保険の終焉についてのセレントの見解を再検討している。