ベンダー
English

データから価値を得る -中南米における損害保険会社の視点

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/12/05

成功、課題、優先事項についての定量的調査

Abstract

セレントは2021年5月から6月にかけて、中南米の損害保険市場の幹部を対象に、デジタルアクセラレーションに関する活動についての調査を実施した。本レポートでは、組織内でのデータの活用と強固なデータの創出、および分析戦略の策定の責任者の回答に焦点を当て、彼らの成功、課題、優先順位について知ることができる。

この調査は、保険会社がデータの戦略的価値を引き出し、成長、プロセスの最適、顧客体験の向上といった新たな変革の機会を生み出す方法について、保険会社の計画、優先順位付け、投資意思決定をサポートするだろう。

保険会社は膨大な量のデータを保有しており、今後もデータは増え続けるだろう。なぜなら、特に現代の顧客は商品へのアクセス、スピード、利便性のために、より多くのデジタル体験やセルフサービスオプションを求めており、一方企業はより多くの自動化、効率化、イノベーション、ビジネス成果への効果的な影響を求めているからである。

本調査の目的は、保険会社のデータから価値を生み出すレバレッジポイントを理解し、その価値の実現に向けた主要なリスクを克服しつつ、保険会社が管理目的以外にデータを公開・利用する能力を向上させる方法を明確に理解することである。