100兆ドルの運用資産をめぐる戦い:ベンダーはいかにサポートできるか【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/07/27
ジェイ・ウォルステンホルム

How Vendors/Suppliers Can Work to Support the Growing Future of Investment Management Operations

Abstract

(このレポートは2014年7月28日に"The Continuing Quest for $100 Trillion AuM:How Vendors/Suppliers Can Work to Support the Growing Future of Investment Management Operations" というタイトルで英文で発表されましたが、抄訳版を2014年9月3日に発行しました。)
*ダウンロード:レポート(日本語)=抄訳版PDF、(英語)=原文レポートPDF

2014年1月時点で、全世界の投資可能資産の総額は100兆ドルを超えました。楽観的な予測に基づくと、こうした資産の額は2018年までに334兆ドルに達するとみられています。


市場には常に新たな投資家が参入する一方、多くの投資家は「冨の蓄積」から「取り崩した冨の配分」へのシフトを進めており、代替的な投資戦略が必要になっています。

本レポートは、投資運用会社の「需要」サイドの投資可能資産とその需要に対応するための業務およびシステム要件の概要を示しています。バイサイドとセルサイドの地域別内訳と成長状況は常に変化しています。こうした世界の莫大な投資可能資産の運用管理サービスをめぐって、伝統的なベンダー、カストディアン、ファンド管理者、ユニバーサル・バンキング、プライムブローカーが入り乱れて争奪戦を繰り広げています。

投資運用業務はこれまでずっと固定化されていましたが、新たな商品、地域および規制のニーズに対応するためには再構築する必要があります。供給市場は広く開放されており、各プレーヤーは商品を縦割り化してシェア獲得を目指しています。カストディアンはトレーディングデスク向けに決済サービスを提供しているのに対し、ベンダーはマネージドサービスを提供しています。新たなベンダーがセルサイドからデリバティブ市場に進出していることを受け、サプライヤーの間には混乱が広がっています。

「Google、Amazon、Yahoo、Facebookといった従来とは異なる競合相手も、ここにきて試験的な金融ベンチャー事業を立ち上げています。将来的には、全ての有価証券の取引処理を‘Googlezon’ を通じて行うことができるようになるかもしれません。投資サービス業界が過渡期にあることは間違いなく、各サプライヤーは業務拡張や投資の対象とすべき分野を把握し、市場の攪乱要因をいち早く察知することが求められます」とセレント証券グループのシニアアナリストでレポートを執筆したジェイ・ウォルステンホルムは述べています。

レポートでは、現在の市場の浸透状況と市場参加者について説明し、各ベンダーをその投資運用管理業務の内容に基づいて評価、現在および将来の市場ニーズへの最適な対応方法と将来の市場攪乱の引き金となり得る要因について論じています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート