ウェルスマネジメントにおける顧客オンボーディングの最新トレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/11/26
ウィリアム・トラウト

デジタル時代の顧客オンボーディング:顧客満足とクロスセルのための手段

Key research questions

  • オンボーディング・プロセス改善の経済的推進力とは?
  • 顧客を営業部門の枠を超えてオンボーディングする方法は?
  • オンボーディングに関する最新トレンドは?

Abstract

コンプライアンスはウェルスマネジメント顧客オンボーディングの必須条件であるという認識は、人間関係を向上する可能性があるという認識に取って代わられている。

デジタルアドバイスの時代においては、スムーズな顧客オンボーディングの能力が切り札となっている。顧客やアドバイザーの期待の高まりは、ウェルスマネジメント既存企業のバーを上げており、彼らは規制/コンプライアンス要件と顧客満足/クロスセル促進の必要性のバランスを取る必要がある。有効性を持つために、新世代のツールによって出された回答は、企業の広範なテクノロジー変革の枠組みの中で検討される必要がある。

オンボーディングのコストセンターから収入源への転換は、ワークフロー自動化および分析主導インサイトへの投資を必要とし、データは秘密の情報源であり、様々な営業部門を横断するクリーン・データの流れを見張ることも意味する。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米