ベンダー
English

英国年金市場のトレンドとテクノロジー上の課題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/07/18

Abstract


英国の年金市場は堅調な成長を続け、市場規模は2007年の90億ポンドから2011年には160億ポンドに拡大するとセレントは予測しています。成長のカギを握るのはITでしょう。

英国年金市場は今後数年間成長が見込まれますが、市場規模拡大に伴い年金プロバイダーには多くのIT上の課題が浮上し、中でも、レガシーシステムが最大の課題となるでしょう。

「英国の年金市場の特徴として、革新的な商品に対するニーズの拡大、競争の激化、規制強化などが挙げられます。CIOにとっては大きな課題がいくつか発生しています。中でもレガシーシステムは最大の懸念事項です。」とシニアアナリストでレポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

年金業者の多くは何十年も前に導入した独自の管理システムをいまだ利用していますが、こうしたレガシーシステムはCIOにとって頭痛の種であり、商品化スピードや商品改革などに影響を与えるほか、保険契約の処理コストを大幅に押し上げています。年金商品は収益性が低いので、資本コストを低く抑え、ビジネスプロセスの効率化がカギとなります。市場競争の激化を背景に、苦戦する販売部門をコアシステムを更新しないままサポートし続けるのは至難の業でしょう。

英国の年金プロバイダーによる2007年のIT投資額は計3億1,800万ポンドに達し、2011年にはさらに5億5,600万ポンド近くまで増加するとセレントは予測しています。2007年の投資総額の約半分は商品管理、その他のコアシステムの強化、販売システム、保険契約者向けサービスといった新規戦略プロジェクトのソフトウェアやサービスに振り向けられるでしょう。

レポートは、英国年金市場の現状と成長の原動力について検証し、年金業者のIT戦略の概要を示しています。

本レポートは17ページからなり、市場データやIT投資予測に関する図表を掲載しています。