ベンダー
English

テレマティクスに基づく保険:その時代がようやく到来したか?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/01/05
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


英国と米国の大手保険会社のうち、テレマティクスを使った保険商品を導入しているところは半数を超えています。こうした商品提案がニッチ分野と呼ばれる状況は、今後長くは続かないでしょう。

テレマティクスはもはや話題にも上らなくなったと考えている向きは多いかもしれません。しかし、そうした見方は誤りといえるでしょう。複数の理由からテレマティクスに再び関心が集まっており、既にこの分野に新規の大型投資を行った事例もみられます。セレントの最新レポート「テレマティクスに基づく保険:その時代がようやく到来したか?」 は、この市場の発展状況、新たな商品および業務モデル、IT業界に及ぼす影響などを取り上げています。

「テレマティクスに基づく商品やサービスは、毎週のように発表されています。大手保険会社の一部も、攻勢をかけています。この分野の参入障壁となっているのは、もはやテクノロジーではなく顧客の志向といえるでしょう。『保険会社が顧客に対していかに魅力的な商品提案ができるか』という課題は変わっていません」と、セレント保険グループのシニアバイスプレジデントでレポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

このレポートは、自社のターゲット市場でテレマティクスを使った保険商品にどのようなビジネスチャンスがあるかを見極める立場にあるCIO、CTO、その他のテクノロジー担当者に、ぜひ読んでいただきたい内容となっています。また、テレマティクスはビリング、査定、引受け、保険金請求といった中核業務のシステムにも影響を及ぼすことから、こうしたシステムを手がけるソリューションプロバイダーにとっても興味深いでしょう。

レポートではここ数年の市場発展の経緯を振り返り、現在米国および英国市場に投入されている商品の種類を紹介するほか、今後数年以内に新たにどのような商品やサービスが提供されるかを予想しています。また、テレマティクスに基づく商品が中核システムに及ぼす影響についても考察しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米