ベンダー
English

ユーティリティモデルとマネージドサービスの進化: コスト管理からイノベーションへ

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2018/05/15

コスト削減と業務の合理化を求める声は今後も根強く、相互利用型(mutualization)のソリューションに対する需要と実際の導入は拡大するでしょう。こうした相互利用型のアプローチは、特に非差別化業務領域における新しいテクノロジーの導入を後押しするものです。

Key research questions

  • キャピタルマーケッツにおけるオペレーションの変革を推し進める要因とは?
  • キャピタルマーケッツに携わる企業はなぜ相互利用型のソリューションを採用するのか?そしてその手法とは?
  • 相互利用型モデルの先行きは?

Abstract

本レポートは、キャピタルマーケッツにおけるユーティリティモデルとマネージドサービス・ソリューションの進化を考察し、こうしたサービスの導入における課題を分析するほか、今後の動向を読み解く上で鍵となる要素を取り上げます。

市場構造や競争環境、そして顧客の期待感と行動様式は足早に変化しています。このため、市場業務に携わる企業は、業務プロセスを合理化し、コストを最適化しなければなりません。そして、レガシーシステムの上に新しいテクノロジーを採用する能力とアジリティに合わせて、自社のオペレーティングモデルをしなければなりません。コスト管理の観点から、これまでオフショアリングとアウトソーシングが広く採用されてきました。しかし近年では、こうした動きを更に押し進めたいという声が増えています。具体的には、各社がテクノロジーやオペレーションを共通の外部エージェントにアウトソースし、相互利用やマルチテナント化を実現することで、コストをコミュニティや業界全体で相互負担し、個社レベルのコスト負担額を削減しようとしています。

各社は、非競争業務の相互利用化とマルチテナント化を通じ、コストを大幅に削減できないかと考えています。また、投資規模や業務運用の複雑さを最小限に抑え、そしてアジリティの向上を図るためにモジュール型のアプローチを選択しています。こうした取り組みの最終目標がユーティリティモデルであり、より短期的で漸進的な選択肢がマネージドサービスです。コスト削減と業務の合理化を求める声は今後も根強く、相互利用型のソリューションに対する需要と実際の導入は拡大するでしょう。