2009年 米国損害保険料率算出システム:ABCDベンダービュー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/08/26
マイク・フィッツジェラルド

Abstract


独立型保険料算出システムはより洗練されたものへと進化を続けており、保険料率算出エンジンもこれに応えようとしています。多くのソリューションは、保険料率算出以外、すなわち書類や資格審査、引受規定などにも機能を拡張してきています。

セレントの最新レポート「2009年 米国の損害保険料率算出システム:ABCDベンダービュー」は、独立型保険料算出アプリケーション市場におけるプレーヤーを新しい視点から分析しました。詳細なデータ分析、主要なプレーヤーへの取材を通じ得た比較データは、保険会社が保険料算出エンジンベンダーを評価する際の格好の参考資料となることでしょう。



出典:セレント

「商品化スピードと製品の柔軟性は引き続き競争要因となっています。そういった目標を実現するために不可欠な保険料率算出ソリューションは、これからも市場を牽引し続けるでしょう」とシニアアナリストで本レポートの著者であるマイク・フィッツェラルドは述べています。

セレントは、ベンダー8社から8製品を選び、セレント独自の「ABCDベンダービュー」を用いて分析しました。これは①テクノロジーの先進性と柔軟性②機能の幅③顧客基盤④顧客サービスとソリューションの充実度―の4つの要素をもとに各ベンダーの市場における相対的ポジションを図表化し、各ベンダーの特徴を詳しく紹介するものです。本レポートには以下のベンダーが含まれています:AQS、CGI、CSC、DRC、Duck Creek、ISO Rating Service、オラクル、StoneRiver

本レポートは4図および27表を含む74ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
北米