保険会社の反撃: Taikangが提供するレンタルAIプラットフォームとは?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/01/09
ザオ・ウー

TaikangはレンタルAIプラットフォームを開発している。他の国の保険会社はTaikangの後に続くだろうか?

Key research questions

  • Taikangが独自のAIプラットフォームを開発している理由は?それにより何が可能となるか?
  • Taikangが連携しているパートナーは?
  • Taikangが開発しているようなAIプラットフォームの将来とは?

Abstract

中国のリテールマーケットは、「ニューリテール」の高まりによって実証されているように、ますますAIを利用し、データ主導であり、オムニチャネル・タッチポイントでアクセス可能となっている。顧客期待は保険業界によって生み出されるだけでなく、顧客経験によっても生み出されるので、保険会社はますますデジタル化されている状況において急速な現代化の課題に対応する必要に迫られてきた。

Taikangはこの問題にどのように取り組んできたか、そしてその取り組みは他の保険会社が同様の取り組みを行う際にどのように役立つ可能性があるか?

中国の消費者は、より賢くなっているデータ主導のAIにより推進されるイノベーションによって、次第に甘やかされ増長している。これは様々な業界で起こっており、そのような顧客にサービスを提供する保険会社は、高まる期待を満たすために懸命に努力している。

Taikangは、再利用される基本的AI機能を提供することにより広範囲のアプリケーションをサポートできるAIプラットフォームを開発している。このプラットフォームには4つのモジュールがある。すなわち、顧客身元確認プラットフォーム(CIVP)、光学的文字認識プラットフォーム(OCRP)、自然言語処理プラットフォーム(NLPP)、および音声分析プラットフォーム(SAP)である。各モジュールはAPIおよびSDKを経由してアクセス可能となっている。CIVPだけでTaikangは年間7千万米ドル以上節約でき、その影響は広がり続けている。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア