プラットフォームの統合による投資運用口座の効率化: マネージド・アカウントの進歩

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/10/15
アレクサンダー・カマルゴ

Developments in Managed Accounts

Abstract


ここ1年半ほどの間、ウェルスマネジメント業界では単一インフラプラットフォームへの統合に対する関心が改めて高まっています。

最新レポート「プラットフォームの統合による投資運用口座の効率化:マネージド・アカウントの進歩」はマネージド・アカウントの現状とその管理の効率化を阻む要因を明らかにし、そうした非効率性の克服に向けたウェルスマネジャーの取り組みについて紹介しています。

単一インフラプラットフォームにはセパレートリー・マネージド・アカウント(SMA)、ミューチュアル・ファンド・ラップ、ユニファイド・マネージド・アカウント(UMA)、Rep-as-portfolio managerやその他の商品を共通のフォーマットで組み入れることが可能です。これらのプラットフォームが土台となって、運用アドバイザーはストラクチャーを選択して口座を開設することができます。コンポーネンツおよびチャネル管理ツールはその上に構築されます。

「マネージド・アカウントの契約件数は順調に伸びてはいるものの、普及拡大を阻む最大の要因として、商品プラットフォームの管理が非効率であることが挙げられます。今後、ウェルスマネジメント用プラットフォームは報酬体系、契約内容、ウェルカムキットを効率化し、シングルサインインで済むようになるとみられます。さらに重要なのは、リレーションシップに基づく手数料体系や顧客中心モデルのサービスへの移行でしょう」と、セレント証券グループのアナリストでレポートを執筆したアレクサンダー・カマルゴは述べています。

レポートではまずマネージド・アカウントの概要、ウェルスマネジメント事業を牽引しているものは何かを明らかにします。次に、マネージド・アカウントのうち成長している商品について分析し、UMAおよび手数料ベースの商品が思ったほど伸びていない理由を考察しています。さらに、プラットフォームを統合することで多様な商品の管理を効率化しようとする動きについて検証しています。その過程で、解決済みのビジネス課題、これらのプラットフォームに組み入れられている重要なツール、新たなモデルが抱える課題などについて解説しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
証券, ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
北米