ベンダー
English

中国銀行業界のビッグデータ戦略

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/05/08

Abstract


中国の銀行は、Aliloanなどのオンライン金融機関やP2P金融(無担保ローン)からの攻勢にさらされています。こうした金融機関は、ビッグデータのテクノロジーを導入することでリスク管理や顧客セグメント化の能力を向上させています。


ビッグデータを活用することは、顧客を理解することでもあります。データの多様な用途を追求する銀行がある一方、データを過小評価する銀行もみられます。セレントの最新レポート「中国銀行業界のビッグデータ戦略」はビッグデータの用途、利用事例およびトレンドについて検証しています。

多くの銀行がすでに取り組みを始めています。交通銀行は既にビッグデータをイベントキャンペーンやリアルタイムのマーケティングで活用し、中信銀行もクレジットカードセンターに導入しています。また、中国建設銀行はeコマースプラットフォームとクレジット業務を統合し、中国光大銀行はソーシャルネットワーク情報のデータベースを構築しています。招商銀行のように、小口融資やマイクロクレジットローンの業務を拡大しているケースもあります。

「今後、銀行はビッグデータのテクノロジーを活用することで、リスクに基づく価格設定、チャネル間でのリアルタイムのデータ交換、データの質の向上、リアルタイムのマーケティング、P2P金融などの進展を目指すとみられます」と、セレントアジア金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆したフア・ジャン は述べています。

レポートではこの分野の市場動向、具体的な事例を紹介し、業界の成長性を検証しています。本レポートには5つの図と2つの表が含まれています。