ベンダー
English

リスク管理業務の再構築:REGTECHの分類

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2021/10/20

既存のリスク業務の限界と、その問題を解決する先進テクノロジーの可能性を認識している金融機関は、Regtechプロバイダーと積極的に連携している。

Abstract

リスク管理機能を支える専門技術は従来、社内の開発チームだけでなく、外部のソフトウェア開発会社やシステムインテグレーターからも提供されてきた。この2つの伝統的な技術供給源に、第3の供給源としてRegtechスタートアップが加わりつつある。Regtech企業はすでに、広大かつ急速に変化している状況の一部であり、多額のベンチャーキャピタルやプライベートエクイティ投資によって支えられている。

セレントは、金融機関がこの複雑な市場に体系的にアプローチできるよう、リスク管理テクノロジー市場全体の中でRegtechプロバイダーを位置づける手法を考案した。この手法の目的は、金融機関による乱戦模様のRegtech市場のナビゲート、自社のリスク管理テクノロジーと最新テクノロジーの比較評価、Regtech導入が有効なリスク管理の取り組みの特定を支援することである。

セレントのRegtechの分類は、3つの軸で構成されている。

  • テクノロジー・フレームワーク:3つの進化段階に分類される
  • Regtech構成要素:Regtechスタートアップが一般的に使用する4つの主要テクノロジーで構成される
  • リスク管理機能:金融/ 業務リスク、金融犯罪コンプライアンス、Suptechなど9つの分野に分類される

セレントは、これら16の要素を用いて、Regtechスタートアップや既存のプロバイダーが提供するリスクソリューションをどのように定義できるか考察している。また、規制当局への報告、GRC (企業統治・リスク管理・法令順守) および規制変更管理、コンプライアンスおよび行動規範、金融犯罪コンプライアンス、モデル管理などの難解なリスク機能にRegtech技術がどのように適用されるかを示している。

セレントの登録ユーザーはログインして、以下セレントのRegtech分類を視覚的に見ることができる。新規登録はこちらから。