2006年中国における保険契約管理システムの動向:生命保険・年金保険ベンダー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/06/28
ウェンリ・ユアン

Abstract


セレントは、中国市場における保険契約管理システム6
製品に関する詳細な分析・比較結果を提供します。

セレントは、これまで保険契約管理システム(PAS)に関する一連のレポートを発行してきましたが、最新レポートは中国の生命/損害/年金保険のPASに関するこれまでになく広範囲に利用できる調査内容です。「調査対象としたシステムの過半数は最新テクノロジーを使って開発されたものですが、その多くはJavaベースのソリューションです」と語るのは、セレント保険プラクティスのシニアアナリストで本レポート2006年中国における保険契約管理システムの動向:生命保険・年金保険ベンダーの主執筆者であるウェンリ・ユアンです。「多くの製品はコンポーネント化されています。また、今日の課題に柔軟に対応できるソリューションの存在を確実なものとするWebサービスやSOA(サービス・オリエンテッド・アーキテクチャ)の利用も幅広く浸透しています」

本レポートは、生命/損害/年金保険会社向けに中国本土市場の現状を紹介するもので、企業保険契約管理システム6製品の詳細な特徴の他に、新たに市場に参入した8システムについても一部を解説しています。

またレポートでは、セレントの「ABCDベンダービュー」に基づくベンダー評価を行っています。これは、「テクノロジーの先進性」「機能の幅」「中国本土市場における顧客基盤」「同市場における顧客サービスの充実度」の4つのカテゴリーごとに各ベンダーの市場における位置づけを図表化したものです。この場合、単純な「四象限図」とは異なり、右上に位置するソリューションが必ずしも最善のものであるとは限りません。保険契約管理のように複雑かつ固有な分野においては、全てを満たす「最善」とのソリューションは存在しないからです。保険会社は、機能の幅、テクノロジー、実績、顧客サービスの中で、自社にとって最も重要な要素とは何か検討し、そして、レポートに掲載した特性や比較表を利用して独自のショートリストを作成するべきです。 尚、「ABCDベンダービュー」に取上げたのは、詳細分析を行った6ベンダーのみで、新規参入の8ベンダーについては一部解説をしています。

今回詳細分析の対象にしたベンダーは、Computer Sciences Corporation (2製品)、Chinasoft Corporation、Eastpro、eBaoTech Corporation、EDS-SOLCORPです。

また、一部の特性のみを紹介したのはBravura Solutions, PCCW Solutions、SunGard, Tata Consultancy Services、EDS-SOLCORP (RADIENCE)、Mastek、NaviSys、Shenzhen LongRise Science & Technology Corporationの新規製品です。

本レポートは34表と4図を含む全47ページから構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米