龍と虎:中国とインドはATM市場の両雄に

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/11/26
ウェンリ・ユアン

Abstract


中国とインドのATM市場は過去5年間で爆発的な成長を遂げています。今後3~5年はさらに成長が加速し、両市場におけるATM設置台数は2006年の約12万5,000台から2010年には35万台に増加する見通しです。

先進国のATM市場が縮小傾向にあるのに対し、新興国のATM市場は成長しており、収益性の維持を目指すATM業者は海外進出に活路を見出すようになっています。特に中国とインドは銀行および金融サービスが急速に発展しており、ATMの成長余地は極めて大きいといえるでしょう。

セレントの最新レポート「龍と虎:中国とインドはATM市場の両雄に」は、消費者の購買力が増大している両国でより柔軟性および利便性の高い銀行チャネルへのニーズが高まる中、リテール銀行がいかに飛躍的な成長を遂げているかを明らかにしています。特にインドは銀行口座を持たない人が人口の大半を占めており、両国とも1人当たりの支店設置密度が低いことから、金融機関はリテール販売網の拡充を通じた需要拡大への対応を迫られています。中国、インドともATMの普及率が極めて低いため、コスト効率の高いセルフサービスチャネルであるATMを活用することが重要なビジネスチャンスにつながると考えます。

両国では銀行業界の成長性と競争力の高さを背景に、ATM設置台数が過去5年間を通じて二桁成長を記録しています。セレントは、今後の成長余地はさらに大きいと予測しています。今後3~5年間は一段と成長が加速し、両国のATM設置台数は2006年の約12万5,000台から2010年には35万台に増加するでしょう。

「インドと同様、中国でもATM設置台数は急速に伸びています。背景には、中国が基本的にキャッシュ依存型の社会であること、金融サービスに対するニーズが急増する中で銀行支店の設置密度が低いこと、大都市圏だけでなく中小規模の都市でもATM設置へのニーズが高まっていること―などがあります」とセレントのシニアアナリストでレポートの共同執筆者のウェンリ・ユアンは述べています。

「これらの市場では、銀行口座を持たない多数の農村部の顧客に対応するため、通常のATMに加えて生体認証機能などの先端テクノロジーを備えたATMの設置も大幅に伸びるでしょう」と共同執筆者でアナリストのサンディープ・へバーは述べています。

本レポートは29表を含む34ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米