ベンダー
English

保険バリューチェーンにおけるアナリティクスへの地理空間情報フレームワークの適用

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2020/07/13

データ、マップ、およびデジタル・プロキシミティについて

Abstract

デリバリー、ディレクション、サービス、コミュニケーションおよびエクスペリエンスにおいて「ラストマイル」は最も重要である。それは文字通り、また比喩的に、各過程において顧客、従業員、家族、パートナー、サプライヤー、およびコミュニティを結びつける。

接続された新しい「ラストマイル」は、エクスペリエンスを完成し、タイムリーなテキスト、会話、取引を可能とし、我々の家、車、オフィス、学校、会議室をカバーする。分析戦略、顧客ナレッジ、位置情報を組み合わせることで、逆境でも平時でも成功する能力を向上することができる。

我々が抱えるリスクはどこにいてもある。場所やプロキシミティはコンテキストである。営利保険および個人保険はどちらも、リスク対象である人、場所、商品、サービス、および直接的な損害の可能性と結びついている。

データ、AI、クラウドの位置情報と分析戦略の創出は、互いに関係を保ち、顧客により深く関与するために以前にも増して重要となっており、マーケティング、引受、請求および保険金請求において付加価値を高める。

保険会社が今なすべきことは以下の通り。

  • データ主導のカルチャーやストーリーテリングに位置情報を追加する
  • 新たな段階のパーソナライゼーションとエクスペクテーションを理解する
  • リスクロケーションレイヤーが明白な新しい働き方を創出する
  • 分散・移動するリスクをサービス戦略に組み込む
  • プロキシミティ、リアルタイム・ルーティング、およびエンドツーエンド・デジタルエクスペリエンスの連携・関与の機会をより深く追求する

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)