法人向けデジタルバンキングにはなぜオーダーメイドの顧客経験が必要なのか?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/01/13
パトリシア・ハインズ

Abstract


HSBCの委託によるレポートシリーズの第2弾は、法人向けデジタルバンキングチャネルに影響を及ぼす外的圧力について、具体的には、オーダーメイドの顧客経験がなぜ不可欠なのか、どの最新テクノロジーが将来を方向づけるのかといった点に焦点を当てています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 法人向けデジタルチャネルでは、なぜオーダーメイドの顧客経験が不可欠なのか?

2

法人顧客はどのようなデジタルイノベーションを求めているか?
3

法人向けデジタルチャネルに影響を及ぼす外的圧力は何か?

本レポートはオーダーメイドのオムニチャネル経験を提供する際の課題、デジタルイノベーションが及ぼす影響、法人向けデジタルチャネルに影響を及ぼす外的圧力について取り上げています。法人顧客向けデジタルチャネルには一貫性を確保しつつもカスタマイズされたアプローチが必要とされ、より複雑なサービスが求められます。法人顧客はその財務管理体制、地理的基盤、財務システムの先進度によって業務およびテクノロジーの要件が全く異なるからです。

デジタルチャネルに影響を及ぼす外的圧力として以下の4つが挙げられます。

  • 競争環境
  • 規制の動き
  • 経済状況
  • テクノロジーの影響

これらの要因は法人向けデジタルチャネルの将来の方向性を形作るものですが、中でも最も大きな影響力を持つのは最新テクノロジーでしょう。

「法人向けデジタルバンキングチャネルは、財務関連テクノロジーの1つの要素にすぎませんが、決定的なカギを握るものです。現時点でデジタルチャネルの効率性と透明性を最大化できている金融機関は、将来の革新的なテクノロジーの有効活用に向けた準備ができているといえるでしょう」とセレントのシニアアナリストでレポートを執筆したパトリシア・ハインズは述べています。

本レポートは20p、8図で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米