銀行業界における人工知能:データ分析から意味解析まで

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/07/13
フア・ジャン

Abstract


現在、銀行業界では人工知能(AI)テクノロジーの利用が広がっており、特にナレッジマネジメント、ID認証、市場分析、顧客関係管理、マネーロンダリング防止、リスク管理などがその中心となっています。本レポートは人工知能のアプリケーション、ベンダーの特徴、利用をめぐるトレンドを明らかにしています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 AIテクノロジーが主に利用されているのは銀行業務のどの分野か?

2

AIテクノロジーは銀行の収益拡大にいかに寄与しているか?
3 銀行業界におけるAIテクノロジー利用をめぐるトレンドは?


人口知能のプログラムは情報を分析し、知識に基づき行員や顧客に答を提供することができます。銀行のマーケティングにおいては、人工知能によって既存データを検索すれば収益性の高い顧客を特定することができます。リスク管理、不正防止およびマネーロンダリング防止に関しては、大量のデータが関与しています。


「銀行はデータを通じて市場、顧客および規制の変化を理解する能力を備えており、リスク管理、信用分析、市場追跡、顧客の人口動態の検索などで人工知能を最も有効利用できる立場にあります」とセレントのアジア金融サービスプラクティスのアナリストでレポートを執筆したフア・ジャンは述べています。

本レポートは18p、4図と4表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米