中国における金利自由化:銀行のビジネスチャンス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/03/13
ニール・カタコフとフア・ジャン

Abstract


中国の規制当局はここ10年間、銀行金利の自由化を段階的に進めてきました。中国の銀行にとって今後はリスクに基づく価格設定がコア・コンピタンスとなり、特に個人および中小企業の顧客向け商品・サービスのさらなる差別化につながるでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 中国における金利自由化はどの段階にあるか?

2

金利自由化はどのような課題とビジネスチャンスをもたらすか?
3

銀行はそうした課題にいかに立ち向かっているか?


ここ10年間に、中国の規制当局は銀行金利の自由化を段階的に進めてきました。今後はリスクに基づく価格設定が同国の銀行のコア・コンピタンスとなり、特に個人および中小企業の顧客向け商品・サービスのさらなる差別化につながるでしょう。

金利自由化に伴い銀行の利ざやが縮小し、リスク管理の必要性が高まるとみられます。リスクに基づく価格設定を強みとしている銀行は、自由化によって新たなビジネスチャンスが得られるでしょう。
また、自由化によって銀行金利の変動も大きくなり、銀行はより高い金利リスクにさらされるため、金利リスク管理ツールへのニーズ拡大が見込まれます。銀行が金利自由化によるビジネスチャンスを掴むためには、リスクに基づく価格設定能力を強化し、デジタル、ソーシャルバンキングサービスを構築し、より利回りの高い商品を開発する必要があるでしょう。

「金利が自由化されると、銀行の資本コスト管理の成否が競争力の決定要因になるとみられます。現在の環境下では、銀行はデジタルバンキングやソーシャルバンキングサービスを通じて預金獲得コストの低減を図る必要があるでしょう。」

「金利自由化は、銀行間の競争を激化させ、金利差を縮小させ、信用拡大に影響を及ぼし、信用リスクを高め、付加価値サービス開発へのニーズを拡大することになるでしょう」とアジア金融サービスプラクティスのシニア・バイス・プレジデントであるニール・カタコフは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア