英国生命保険業界の主要トレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/10/14
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


高齢化と規制当局の圧力が主因となり、英国の生命保険会社は変化を促されています。

個人の可処分所得に下向きの圧力がかかるなか、英国の生命保険会社は生命保険商品の需要低下と逓減率の上昇に直面しています。また、株式市場の低迷により、保険引受の収益もますます圧迫されています。しかしこれらは、生命保険市場が受けている重圧のほんの一部にすぎません。セレントは最新レポート「英国生命保険業界の主要トレンド」において、同市場の変化について考察し、IT戦略の責任者が考察すべき点を指摘しています。

「CIOが考慮べき重要な変化が起きている分野は4つありますが、その各分野に対応するIT部門の迅速性と柔軟性が問題となっています」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

本レポートでは、英国金融サービス機構(FSA)による『リテール・ディストリビューション・レビュー』に基づき、高齢者のニーズ、オンライン保険に関連する課題を取り上げています。保険バリューチェーンの細分化に伴い、保険会社は、流通経路をどの程度まで自社で管理すべきかという問題にも直面しています。

「CIOはレガシー・システム、顧客データ利用における制約、統合化などの問題の解決を目指す一方で、業界の動向に常に目を配り、それが自社の事業にどのような影響を与えるかを把握しておかねばならないでしょう」とスタッグ・マーシーは付け加えています。

本レポートでは変化の促進要因を詳細に考察し、CIOが検討すべき点を探り出しています。どのような状況においても、肝心なのはCIOの迅速かつ適切な対応です。そしてそれを可能にするには、柔軟なアーキテクチャの存在が前提となります。現在そうしたアーキテクチャを備えていると断言できる企業はほんの少数ですが、CIOとのインタビューによると、大半はすでにゴールへの長い道のりの途上にあるようです。

本レポートは11図および1表を含む30ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ