ベンダー
English

2013年 リテールバンキングのトップトレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/12/13
バート・ナーターとジルビナス・バレイシス

Abstract


セレントでは毎年、世界の各拠点からアナリストが集まり、リテールバンキングの主なトレンドについて討議しています。

セレントの最新レポート「2013年 リテールバンキングのトップトレンド」は決済、テクノロジー、デジタルチャネル、ブランチの4つの主要分野における主なトレンドをそれぞれ総括しています。レポートは主に北米に焦点を当てていますが、ここで取り上げたトレンドの多くは事実上世界共通といえるでしょう。このほか、中国や西欧のトレンドについても触れています。

市場トレンドの中には、現実よりも話題性が先行したごく一過性の動きも見られます。セレントはここで取り上げたトレンドについて、銀行がそれらを考慮すべきか否かをアドバイスする意図はありません。

「モバイル決済と加盟店負担リワード(MFR)の統合が進めば、決済業界に大きな変革をもたらすでしょう。決済データ、現在地情報、即時性が全て備われば、モバイル決済が一気に主流になると考えられます」とセレント銀行グループのシニアアナリストを務めるジルビナ・バレイシスは述べています。

「過去15~20年間、米国とカナダでは勘定系システムの統合はほとんど進んできませんでした。ところがここ1~2年で、こうした動きが急に活発化しています」とシニアバイスプレジデントでレポートを執筆したバート・ナーターは述べています。

そして、ここにきて脚光を浴びているのがクラウドです。現在あらゆるものがクラウドと呼ばれていますが、クラウドについて論じる前に、まずそのニーズを定義する必要があるでしょう。レポートでは、セレント独自の定義を示しています。

本レポートは各トレンドについて簡単に説明していますが、それぞれについての既刊レポートが詳しく解説しています。

本レポートは38p、21図と2表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 北米