2012年 保険金請求システムの導入動向:欧州

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/11/14
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


欧州の保険会社の間では、レガシーシステム刷新プロジェクトとして、保険金請求システムをスタンドアローンで導入する動きが広がりつつあります。保険金請求システムの導入件数は、今後5年間は年率5%の伸びにとどまり、少数のベンダーによる寡占状態がさらに強まるでしょう。

セレントの最新レポート「2012年 保険金請求システムの導入動向:欧州」は、この分野を手がける欧州のベンダーから集めた契約データを分析しています。これらを2010年のデータと比較し、契約額と契約件数の傾向を明らかにしました。また、各ベンダーの市場シェアや現時点の新規契約獲得件数を紹介しています。

今後5年間は契約額が上昇することを示す兆しがあるため、契約総額は2016年までに年率8%のペースで増加する見通しです。その要因はいくつか考えられますが、ソリューションの成熟、こうしたプロジェクトの成功事例の増加などが挙げられるでしょう。

「ここ5年間に欧州に拠点を置くベンダーの間では、関連する保険契約管理システムを導入するか否かにかかわらず、保険金請求システムを単独でも提供する動きが広がっています。こうした流れを受け、保険金請求システムの進化の状況を知っておくことは、保険会社にとって有益でしょう」とセレント保険グループのシニアバイスプレジデントでレポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

レポートでは、過去2年間に報告されている保険金請求システムの導入件数を紹介し、今後4年間の導入動向を予測しています。今回データ分析の対象となったベンダー19社については、先に発行したレポート「2012年 保険金請求システムベンダー評価:欧州損保」で詳しく紹介しています。またレポートの最後には、保険会社とベンダーの双方に向けた提言を示しています。

本レポートは21p、9図と2表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ