ベンダー
English

米生命保険会社のフィデューシャリーに関する労働省のスタンダード変更が及ぼす影響

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/03/27

REPORT PREVIOUSLY PUBLISHED BY OLIVER WYMAN

Abstract


米労働省が先に従業員退職所得保障法(エリサ法)におけるフィデューシャリー(受託者)の定義を拡大する提案をしたことは、401kの契約更新やIRA(個人退職貯蓄制度)をめぐるアドバイザリービジネスにディスラプションをもたらし、個人保険の販売チャネル全体に大きな連鎖効果を与えるとみられます。

本レポートは、オリバー・ワイマンのアナリストが保険分野のリーダーや専門家へのインタビュー・取材を通じて確認してきた見解をまとめたものです。それらを踏まえ、保険会社は新たな標準について慎重に検討し、及ぼす影響をシナリオ別に定量化し、ポートフォリオ戦略、販売および商品イノベーションを戦略的に策定する必要があるでしょう。