英国の生命保険・年金市場向けBPOは 急成長のニッチ分野

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2004/12/16

Abstract


英国の保険契約処理業務におけるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)投資額は、現在の1億7,500万ポンド(約342億円)から2008年末には3億5,000万ポンド(約683億円)に拡大すると、セレントは予測しています。

英国の生命保険・年金市場は常に変化し続けています。BPOベンダーは、生命保険・年金プロバイダーがこうした変化に対応できるようなサポートを目指しています。今後5年間、生命保険・年金プロバイダー向けBPO市場は活況を呈することになるでしょう。

セレントの最新レポート「英国の生命保険・年金市場向けBPOは急成長のニッチ分野」は、英国の市場および規制環境の変化が生命保険・年金プロバイダーによる(契約管理業務における)BPOサービスの利用を促している現状を検証しています。また、現在、生命保険・年金プロバイダーに向けてBPOサービスを提供しているベンダー6社について簡単に紹介しています。紹介例は、Capita、 CSC、Liberata、Marlborough Stirling、Sapiens/EDS、ユニシスの6社です。

「この市場は今後急速に拡大する好機を迎えています。 二極化ルールの改訂、サンドラー調査、Aデー(2006年4月6日に施行される年金課税の簡素化)など、マージンや柔軟性の向上を促す多くの要因があるからです」と、セレント保険グループのシニアアナリストで本レポートの著者であるチャッド・ハーシュは述べています。

さらに、ハーシュは次のように付け加えています。「数年後には、BPOプロバイダーが達成した規模の経済がコストを押し下げ、特にランオフ業務に関してはアウトソーシングを拒む理由がなくなるでしょう。」

このレポートは2つの図と2つの表を含む全17ページで構成されています。

注)英ポンドから日本円への換算レートは、2004年11月30日の仲値(東京三菱銀行公表)を参照。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米