既存の保険契約管理システムは将来の成長に対応できるか? スケーラビリティとパフォーマンスが判断の決め手(損害保険版)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/07/21

Abstract


主要ソフトウェアの取得にあたって保険会社がすべきことは、システムに対するニーズや機能の調査だけでは十分とはいえません。ベンダーのシステムが事業の成長に合わせて拡大可能で、長年にわたる価値の持続が見込まれることを確認する必要があります。

セレントの最新レポート既存の保険契約管理システムは将来の成長に対応できるか? スケーラビリティとパフォーマンスが判断の決め手」(損害保険版)は、保険業務に対応可能なソフトウェアを見分ける際の主な問題やメトリクスについて取り上げています。

スケーラビリティおよびパフォーマンスの指標

「システムのスケーラビリティとパフォーマンスは将来 の価値に影響を及ぼす要因であるにもかかわらず、業務処理で問題が発生するまで無視されがちです。スケーラビリティやパフォーマンスの重要性を認識してい る保険会社でも、これらの点でベンダーシステムをいかに評価すべきか把握していないのが現状です」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポー トを執筆したジェフ・ゴールドバーグは述べています。

このレポートでは、保険会社が大手ソフトウェアプロバイダーとライセンス契約を結ぶにあたり、業務およびIT部門の幹部がソフトウェアのスケーラビリティ とパフォーマンスを検証するための手段を提示しています。また、システムが長期にわたって業務に対応し続けられるか否かを予測するための重要指標を概説しています。例えば、生命保険契約管理システムを手がけるベンダー28社の製品について、そのスケーラビリティとパフォーマンスの特性を明らかにしています。

本レポートは44ページから成り、ベンダー28社の特性を示すデータや11つの図表を掲載しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米