次世代のリスク評価: サイバーリスク評価ソリューション

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/11/28
ドナルド・ライト

サイバー保険は、既存の補償と新しい補償を組み合わせ、保険会社が今まで知らなかった危険要因をカバーし、一般的なタイプの損害に対応することにより標準的保険モデルに適合する。

Key research questions

  • サイバー保険は標準的な保険モデルにどのように適合するか?
  • サイバーリスク評価ソリューションはどのように機能するか?
  • サイバーリスク評価ソリューションは他のタイプのリスクや補償も評価することができるか?

Abstract

保険会社が成功するには、損害の確率を正しく見積もる必要がある。そのため保険会社は、損害の確率を上げるリスクおよびその他の要因についての情報を収集する。長年にわたり、そのような情報の収集は手作業で行われてきた。

しかし、状況は変わりつつある。保険会社は、リスク評価を自動化する新しいテクノロジーを活用して、損害確率の予測を向上している。

これらの新しいタイプの危険要因の特徴としては、意図的に組織および個人に損害を与えようとする悪人が含まれているということである。

サイバー損害は3つのカテゴリーに分かれる。すなわち、アファーマティブ、サイレント、ダイレクトである。3つの大手サイバー保険会社のアファーマティブ補償、裏書条項、および侵入工作対応サービスの例が示されている。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米