ベンダー
English

日本の保険業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート1:調査結果分析と現状把握【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/10
柳川英一郎

Abstract

このレポートには英文版 "Legacy Modernization in Japan’s Insurance Industry, Part 1: Survey Analysis and Status Update" (2016年6月10日発行)もあります。

セレントは2015年春に日本の保険、銀行、証券業界を対象に、レガシー・モダナイゼーション・サーベイ2015を実施しました。本レポート では対象を保険セグメントに絞り、パート1では、日本の保険業界の現代化の現状を把握し、続くパート2では、対処策と保険業界への提言を述べます。


KEY RESEARCH QUESTIONS
1 日本の保険業界におけるレガシーシステムの現代化はどの段階にあるか?

2

保険会社にとって、現代化とは何か?それは何故か?
3

保険会社はどのようにして現代化を進めるべきか?

サーベイの結果に基づき、保険業界のレガシー現代化の現状を以下の切り口から分析します。

  1. 現代化の検討の進捗状況、置換戦略、その理由
  2. 新たな解決策(SaaS、BPO)の検討状況
  3. 最大の課題はどこにあるか
  4. ビジネスケースの検討状況
  5. 現代化の進展による、ビジネス部門、IT部門の役割変化



「日 本の保険業界も、グローバル同様に、伝統的なビジネスモデル一辺倒では競争優位を獲得出来ない競争環境となっています。保険業界においても、製造と販売の 分離、保険商品メーカーとしての保険会社と販売/サービス提供機能を担う代理店(エージェント)との新たなビジネスパートナー関係の構築が不可欠です」と アジア金融サービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆した柳川英一郎は述べています。

本レポートは、34p、28図、3表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア