中国のウェルスマネジメント市場の最新動向

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/01/22
フア・ジャン

Abstract

中国のウェルスマネジメント市場における預かり資産残高は、2014年には12兆ドルに達すると予想されます。同市場は過去10年間に急成長したものの、新規参入業者の爆発的な増加に加え、事業環境がよりオープンになったことで既存業者は苦戦しており、ここにきて転換点を迎えています。

事業環境の変化に伴い、金融機関はより複雑な市場に直面せざるを得なくなっています。市場を複雑化する要因として、金利をめぐる規制緩和、ウェルスマネジメント市場へのノンバンクの参入、資産の証券化、投資のグローバル化などが挙げられます。顧客のニーズにも変化がみられ、例えば、今後3年以内に海外投資を計画している富裕層は全体の46%に上っています。また、ビッグデータやソーシャルメディアの利用も広がっています。インターネット企業の中には、独自に開発した高利回りのマネーマーケットファンドを投入する動きもみられ、しかもこれら商品の流動性は銀行の要求払い預金と同じくらい高くなっています。セレントの最新レポート「中国のウェルスマネジメント市場の最新動向」は同市場における取引、資産運用、マーケティングおよびテクノロジーの動向を明らかにしています。

「中国では、ミューチュアル・ファンド運用会社の預かり資産残高が減少しているにもかかわらず、ウェルスマネジメントシステムへのニーズは高まっています。この分野に新規参入する資産運用会社も増えています。急速な発展と変化に伴い、新たなITニーズが生じるとみられます。また、商業銀行のプライベートバンキング部門を独立法人化する動きは、システムへのニーズをさらに拡大するでしょう」と、セレントのアジア金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆したフア・ジャンは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア