ベンダー
English

ウェルスマネジメントにおけるアウトソーシング戦略

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/11/20
ケリー・バーンズ

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1

アウトソーシングビジネスはここ5年間でどのように進化したか?

2

エコシステムのデジタル化が進むなか、どのようなアウトソーシングサービスが必要とされているか?
3

今はまだしていないが、今後1~2年以内にはアウトソースするとみられる機能は何か?

レポートでは、現在アウトソーシングの促進要因になっているのは何か?そして今後1年から1年半の間にそれらの要因がどう変わるかを予測しています。

アウトソーシングの動機となる要因は5年前と比べて変化しています。現在は、効率性の向上、顧客経験の拡充、コンプライアンス、透明性の向上、特別なITチームを設置せずに急速に変化するテクノロジーに対応できるようにすること、などが挙げられます。エコシステムのデジタル化が進むなか、サイバーセキュリティ、オムニチャネルの提供、対顧客ツール、顧客とアドバイザーの連携ツール、リアルタイムの顧客レポーティングといったソリューションが求められています。

今後1年から1年半以内には、適格テスト、本人確認手続き、投資アドバイス/計画プロセスの一部、ヘルプデスクを含むフロントオフィス機能のアウトソーシングが急速に広まるでしょう。

「テクノロジーの進化のペースが速くなっており、新しいテクノロジーが登場するたびにウェルスマネジメント会社がそれを自社開発または購入にこだわる必要はなくなっています。ここにきて『実験』を目的とするアウトソーシングが増えています。ウェルスマネジャーは テクノロジープロバイダーと協力して最新テクノロジーの実験を行うことで、一時的な流行に終わるかもしれないテクノロジーに多大なリソースを投入しなくて済むからです」と証券プラクティスのアナリストのケリー・バーンズは述べています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米