電子申請/電子契約証発行の導入効果:北米の生命・年金保険【全訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/11/20
チャック・ジョンストンとジェイミー・マクレガーカレン・モンクス

Life and Annuities, North America

Abstract

(このレポートは2012年11月20日に"Understanding the Benefits of Electronic Applications and Policy Issue"というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2012年12月27日に発行しました。)

景気が後退する中でシェア争いを繰り広げる保険会社が競合他社に差をつけるためには、利便性が高く、迅速で低コストのサービスを提供することが不可欠となります。新規契約処理への投資は、保険会社と顧客の双方にとってプラスですが、電子申請および電子契約証発行サービスの導入によって、目標に近づけるでしょう。

セレントの最新レポート「電子申請/電子契約証発行の導入効果:北米の生命・年金保険」は、生命保険会社向けに保険契約の電子申請(eApplication)および電子契約証発行(ePolicy Delivery)の導入に関する詳しい標準データを紹介しています。保険会社が持つべき重要指標を提示し、保険会社が電子申請や電子契約証発行を導入するかどうかの判断材料となる重要トレンドを明らかにしています。レポートでは、保険会社20社から入手したデータをもとにしています。

「販売環境が厳しくなるなか、保険会社は各社とも手続きの簡略化や自動化を通じてコスト構造を変革し、成果を上げています。電子申請を導入することで、郵便、画像、データ入力といった新規契約にかかる業務コストの削減が可能になります。その結果、保険新規契約申請1件当たりのコスト低減と証書発行費用の削減につながります」と、セレント保険グループのアナリストでレポートの共同執筆者であるカレン・モンクスは述べています。

「今回の調査は、販売手続きに関するシステム投資が保険会社の利益に及ぼす効果に焦点を当てています。以前から電子申請および電子契約証発行の導入は選択肢の1つに挙げられていましたが、Web-centricなカルチャーが拡大したことで、さらに導入しやすい環境になっています」と、保険グループのリサーチディレクターでレポート共同執筆者のチャック・ジョンストンは付け加えています。

セレントは、電子申請システムを導入した保険会社への調査をもとに、新たなビジネスプロセスに関する主要な指標を分析しました。レポートでは、保険会社が電子申請を導入する際に直面した課題を紹介するとともに、営業担当者が実際に利用してみて有効だった戦略とそうでなかった戦略を明らかにしています。また、定量・定性調査から得られた標準データの詳細を提示し、保険会社の課題解決をサポートしています。さらに、鍵となる指標を分析し、保険会社の電子申請および電子証書発行導入プロジェクトの進展につながる重要トレンドを明らかにしています。

本レポートは、生命保険会社のストレート・スルー・プロセッシングに関する一連のレポートの第1弾です。28p、13図と3表で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米