ベンダー
English

持続的な財源管理に向けて

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/06/13

REPORT PREVIOUSLY PUBLISHED BY OLIVER WYMAN

Abstract


銀行は、業界の将来を決めるルールの根本的な変革に取り組んでいます。その背景には、財務資源(リスクベースの自己資本、レバレッジベースの自己資本、流動性および資金調達など)の水準、構成および利用方法を改めてより厳格に管理しようとする動きがあります。新たな規制が相次いで施行され、新規制案が提示されるたびに業界を挙げて法令遵守や競合他社との同調を目指す動きが活発化しています。

当然のことながら、銀行は新たな課題に1つずつ向き合い、その時点における「拘束力を持つ制約」の下で最適化に取り組んできました。しかし、ある財務資源だけを切り離して利用を最適化しようとすると、その他の財務資源の有効利用や全体の財務パフォーマンスが犠牲になりかねません。それでは、持続可能な財務資源管理モデルとはいえないでしょう。

資本、流動性および資金調達に関する新規制は今では業界内ですっかり定着し、銀行の戦略的な方向性の決定要因としてその役割は増しつつあります。本レポートは、財務資源管理(FRM)に関するオリバーワイマンのレポートシリーズの1つで、グループ全体の総合的アプローチの進化について論じています。FRMの最適化に向けた新たなアプローチとして、課金基準や主導的プロジェクトのほか、組織再編や演習を通じたFRM戦略を取り上げています。

詳細はオリバーワイマンのウェブサイトでご覧になれます。