ベンダー
English

ファミリーオフィスが運用会社に:最先端テクノロジーによる処理能力が不可欠

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/09/28
ジェイ・ウォルステンホルムとウィリアム・トラウト

Today’s Complex Holdings Demand Up-To-Date Technical Horsepower

Abstract


ファミリーオフィスの運用資産残高は、5,000万ドルから50億ドル超まで広範囲に及んでいます。単一のファミリーをサポートするケースや、複数のファミリーから成るケースもあります。いずれの場合も、事業が複雑になるにつれ、より優れたオペレーションが求められるようになっています。実際のところ、ファミリーオフィスはセキュリティや規制に関する新たな要件やリスク分析の必要性に加え、マルチアセット・ポートフォリオを管理する必要に迫られており、テクノロジーの全面的な刷新が求められています。

高度成長期の1990年代や今世紀初めの10年間には利益が膨らみ、多くのファミリーオフィスはヘッジファンドとして再構築されました。対象顧客を一つまたは複数のファミリー以外にも広げることで、資本資産および代替資産への投資がしやすくなり、大型化した組織全体に管理コストを分散できるようになっています。
「ファミリーオフィスは、テクノロジーの高度化と拡大を追及する一方で、もともと設備投資には慎重な傾向があるため、その妥協案としてアウトソーシングが選択肢として浮上しています」と証券プラクティスのシニア・アナリストのウィル・トラウトは述べています。

現在、ファミリーオフィスの多くは業務を組織化する必要に迫られており、投資戦略と時間枠に沿った高度な取引とポートフォリオ管理業務が不可欠になっています。「大規模なマルチファミリーオフィスは投資に必要な機能を備え、顧客が求めるレポーティング要件を満たすために、より先進的で高度なテクノロジーを使ったポートフォリオ管理システムを導入しようとしています。先駆的なファミリーオフィスは、リアルタイムのOMS/PMSアプリケーションに移行するなど、さらに先を行っています」とシニア・アナリストで共同執筆者のジェイ・ウォルステンホルムはコメントしています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート