ベンダー
English

クラウドへの移行を促すCOVID-19

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2020/06/21

適切なクラウドモデルの特定

Abstract

人工知能、クラウドコンピューティング、ブロックチェーン、量子コンピューティングは、「第4次産業革命」を形成する柱である。クラウドコンピューティングは、ソフトウェア/ データベース/ サーバー/ ネットワーキングのインターネット・オンデマンド・サービスを従量課金ベースで提供する。クラウドは、人工知能の応用などのデジタルディスラプションを実現するものであり、企業に柔軟なデリバリー、より良いデータ統合、運用コストの削減、スケーラビリティ、ビジネスの回復力を提供することができる。クラウドは従来、インフラコストを削減する目的でレガシーシステムを近代化するためのツールとして捉えられてきたが、企業は現在、グリーンフィールドソリューションの構築など、より戦術的な方法でクラウドサービスを活用しようとしている。ウェルスマネジャーにとってクラウドは長い間注目されてきた分野であり、思慮深く設計されたクラウド採用フレームワーク (CAF)は、これらの利点を実現することができる。COVID-19の大流行と、リレーションシップマネージャーや顧客によるデジタルサービスへの需要の高まりが、ウェルスマネジャーの間でクラウド導入を加速させるきっかけとなっている。

本レポートの目的は以下の通り。

  • クラウドコンピューティング市場とクラウドサービスの需要に取り組む。
  • クラウド導入のトレンド、課題、およびCOVID-19の影響を検討する。
  • ウェルスマネジャーが利用できる導入アプローチを調査する。
  • ウェルスマネジャーが様々なクラウドモデルの違いを理解できるよう支援する。
  • ウェルスマネジャーにアドバイスを提供する。

本レポートでは、まずクラウドコンピューティングの定義を説明し、その利用が拡大している理由を説明する。クラウド・バリューチェーンに影響を与える主なトレンドについてコメントした後、ウェルスマネジメントにおけるクラウドモデルの利用状況について簡単に説明する。さまざまな導入アプローチの主な違いを詳細に説明し、適切なクラウドアプローチを選択するための提案を行う。最後に、クラウドコンピューティング市場についての将来予測についての見解を述べる。

本レポートは、Capgemini、HCL、Intellect Design Arena、Red Hat、Salesforce、TCSなどの主要クラウド・プロバイダーのセレント調査から得られた情報に基づいて作成された。又、セレントの保険分野レポート「保険業界のクラウド戦略: 適切なクラウドモデルについての保険会社への提案」をベースにしており、そのレポート内容を引用している。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)